よくあるご質問 目とメガネ編
メガネやサングラスは、身近な服飾品ですが、案外知らないことも多いものです。
ここでは、お客様から寄せられるご質問を集めています。
メガネの取り扱い方法 *
めがね・レンズについて
めがねを作る際には...
サングラス・UVカット機能について
老眼鏡について
 
メガネの取り扱い方
 
プラスチックコートにしみがついてしまいました。
メガネをかけてサウナに入っても、大丈夫ですか?
レンズは何で拭けばいいですか?
メガネのお手入れ方法を知りたいのですが...
レンズに傷がついたのは、磨けば直りますか?
 
プラスチックコートにしみがついてしまいました。
  レンズが水に濡れたら、すぐに拭き取ってください。濡れたまま放置しますと、しみになり、取れなくなる場合があります。特に、汗、レモン等の果汁・整髪料・洗剤等がついたときは、すぐに水洗いして拭き取ってください。
→TOPに戻る
メガネをかけてサウナに入っても、大丈夫ですか?
  60度以上の高温に長時間さらしておいたり、お湯につけておいたり、ぬるま湯でレンズを洗ったりすると、ひび割れ(クラック現象)を起こしたりコートが剥がれたりします。
サウナに入るときは、メガネは外されることをお勧めします。温泉に入る場合も、メガネをかけて入りたい場合は、コートがはがれても良いものをかけてください。
→TOPに戻る
レンズは何で拭けばいいですか?
  メガネ専用のハイテククロスで拭いてください。また、砂や埃がついたときは、水洗いしてから良く拭き取ってください。汚れが酷い場合は、中性洗剤を薄めた液で洗い、よく水洗いした上で、水分をふき取ってください。
→TOPに戻る
メガネのお手入れ方法を知りたいのですが...
  メガネ専用のハイテククロスで拭いたり、砂やほこりがついたときは、水洗いしてから良くふき取ってください。さらに、 週一回、または月に一回メガネ店に行って、超音波洗浄器で洗うと、フレームとレンズの間の汚れもきれいに落としてくれます。
→TOPに戻る
レンズに傷がついたのは、磨けば直りますか?
  レンズの傷は磨くことが出来ません。磨くとレンズ表面に施されているコートが剥がれ、見えにくくなってしまいます。
→TOPに戻る

Copyright(c) 2005 BICCONTACT. All Rights Reserved.