よくあるご質問 目とメガネ編
メガネやサングラスは、身近な服飾品ですが、案外知らないことも多いものです。
ここでは、お客様から寄せられるご質問を集めています。
メガネの取り扱い方法 *
めがね・レンズについて
めがねを作る際には...
サングラス・UVカット機能について
老眼鏡について
 
サングラス・UVカット機能について
 
UVカットレンズとはなんですか?
ファッショングラスは長時間紫外線に当てても大丈夫ですか?
度付サングラスを作りたいけど、どんな色でも作れますか?
レンズの色が濃い方が、紫外線カット率が高い?
 
UVカットレンズとはなんですか?
  目に障害を起こす恐れのある紫外線から目を守るため、UV-A、B共にカットできるレンズのことです。スキーなど積雪期の登山の場合、まぶしさよりも紫外線から目を守る、という観点から、UVカット機能を持つサングラスのご使用をおすすめします。また、紫外線は普段の生活でも関係がありますので、日常使用のメガネにもUVカット機能をつけることをおすすめします。
→TOPに戻る
ファッショングラスは長時間紫外線に当てても大丈夫ですか?
  タグ表示に「サングラス」と書かれていないものは、紫外線カットが含まれておらず、長時間紫外線に当たるような、スキーや海辺でのご利用には向いていません。
タグ表示に「サングラス」と書かれているものであれば、UVカット機能も含まれておりますので、長時間のご使用も大丈夫です。詳しくは、商品についているタグをご覧の上、係員にご相談ください。
→TOPに戻る
 度付サングラスを作りたいけど、どんな色でも作れますか?
  ほとんどの色と濃さがご用意できます。詳しくは係員までお申し付けください。
→TOPに戻る
レンズの色が濃い方が、紫外線カット率が高い?
  ほとんど関係はありません。まぶしさ=紫外線、と勘違いをされることがありますが、まぶしく感じられるのは光線量の多さであり、無色の紫外線カットレンズを使っても、ほぼ紫外線をカットできます。
また、濃い色のファッショングラスをかけると、視野が狭くなるため瞳孔が開き、透過してきた紫外線が、大きく開いた瞳孔から多量に眼内に入ってきます。そのため、より多くの紫外線が眼内に入る原因にもなります。
→TOPに戻る

Copyright(c) 2005 BICCONTACT. All Rights Reserved.